腫れることもある

注射器

事前に確認しておこう

小顔にするためにボトックス治療を受ける人が多くなってきています。誰でも手軽に受けられる施術の一つなので最近は特に人気です。しかし、ボトックス治療を受ける前に、術後の副作用について確認しておいた方がいいでしょう。場合によっては副作用に悩まされる人もいるかもしれません。よく言われているのは患部が腫れてしまうことです。せっかく小顔にするために治療を受けたというのに、患部が腫れてしまってはかえって顔が大きく見えてしまいます。しかし、これは一時的なことです。一時的に腫れてしまっているものの、徐々に落ち着いてくることがあります。この点は心配要りません。しかし、いつまで経っても腫れが引かないようなら、すぐに主治医に相談してみましょう。単純にボトックスによる副作用ではないかもしれないからです。通常、施術から一週間程度経てば状態は落ち着いてきています。それ以上経っても変わらないようなら、すぐに主治医に連絡してみましょう。他には、患部が痛くなるといったことも挙げられます。しかし、これも一時的です。この施術は注射のように行うので、患部にはチクッとした痛みが生じることがあるのです。いつまでも痛い場合には、これもまた主治医に連絡してみましょう。普通はだんだんと気にならなくなってくるはずです。小顔にするためにボトックス治療を受けるにはいくつか注意すべきことがあります。まず、すぐに効果を実感できるわけではないという点です。ボトックス治療をしたその日のうちに小顔になるわけではありません。逆に、術後は患部が腫れてしまうこともあります。かえって顔が大きく見えてしまうことも少なくありません。しかし、これは施術に失敗したわけではなく徐々に引いていきます。そして腫れが引いてくると、きちんと効果を実感できるようになるのです。また、人によっては一度の施術では効果を実感できないこともあります。この場合には、何度か定期的に受けてみるのもいいかもしれません。施術後すぐには次の施術を受けることはできないので、期間を空けて行いましょう。施術の間隔に関しては主治医に相談することをおすすめします。通常、術後半年は期間を空けることが望ましいと言われています。それから、術後に患部が腫れてしまうこともあるので、その状態を他人に見られたくないという人は学校や仕事を休みましょう。会社勤めの人は有給休暇を取っておくと安心です。一週間程度経てば、きちんと腫れも引いて小顔の状態で仕事に出られるようになります。このように、日常生活に支障が出ないように工夫をしておきましょう。

Copyright© 2018 ボトックス治療で小顔をGET【エラが張る要因】 All Rights Reserved.