顔が小さくなる

顔に触れる女性

メリットを知る

顔が大きくなる原因は、骨格、咬筋、脂肪、水分、顔の歪み等様々なので、実はその原因によって適した改善法が有ります。その中でも美容整形外科で従来行われてきたのがエラ削り等外科的な手術ですが、この手術は高い効果が期待できる反面、入院とダウンタイムも気になる点です。入院は大体1日から2日程度は必要となり、さらにダウンタイムも1週間程度はかかるので、その期間が過ぎるまでは確実に日常生活に支障を来たします。とはいえ、仕事をしている人や学校に行っている人等、なかなか入院も出来ないし、ダウンタイムの間顔を隠しておくなんていうのは難しい人も大勢います。そこで現在美容整形外科で行われる事が増えてきたのがボトックス治療で、これは高い効果が期待できる反面、入院もダウンタイムも気にする必要は有りません。なぜなら、ボトックスは注射を使って行う小顔整形なので、傷跡が殆ど目立たないし、施術にかかる時間も短いからです。そもそも全身麻酔等も必要ないので、体に対する負担もかなり少ない状態で施術を受ける事が出来るのです。そのため、手軽に行う事が出来、さらに高い効果が期待できると言うことで、現在ではボトックスを使用した小顔整形が人気を集めています。ボトックスの大きな魅力は、注射を利用して行うので傷跡が殆ど目立たないと言うことになります。一般的に利用する注射針の太さは、採血であれば大体21G、22G位になっていますが、ボトックスに利用する針の太さは30G位の太さの場合も珍しくありません。注射針は数字が大きくなればなるほどその針の太さが細くなって行くので、採血に比べるとボトックスの方がはるかに細い針を利用する事になります。だから、細い針を使うので傷跡も目立ちにくいし、何より挿入するときの痛みもかなり軽減されるのです。とはいえ痛みに対して不安を抱く人や、どうしても心配だから痛みがないようにしてほしいと願う人もいます。ボトックスを利用した小顔整形の場合、細い針を利用するだけでなく、表面に麻酔を施してから施術を行います。だから殆ど痛みを感じる事無く施術を受ける事も出来るので、よりリラックスした状態での施術も十分可能です。勿論全身麻酔ではなく表面麻酔か神経ブロック麻酔を行うので、入院する必要はなく施術後すぐに帰宅できます。勿論注射を行う部位はしっかりと冷やして痛み対策をしてから施術を行うので、ボトックスを利用した小顔整形に対しては痛みがあるのではないかと心配する必要は有りません。

Copyright© 2018 ボトックス治療で小顔をGET【エラが張る要因】 All Rights Reserved.